SRのシールはがし

SRのシールはがし

僕のSRは2020年7月に新車購入したものです。

購入時よりタンクに貼りついているあのシール。

はがしました!

これです、これ。

注意書きシール。

これ、はがしてなかったんですね~。

いつもタンクに目をやるとこのガソリンのフタの下に鎮座しておりました。

これはこれでよかったんですが、そろそろご退場願おうかと思った次第であります。

そして、真っ青なタンクでツーリングに行くんだっ!

ってことでこのシールをはがした時の様子をまとめてみます。

準備するもの

準備するものは三つです。

  • ドライヤー
  • プラスチック製のヘラ
  • パーツクリーナー

この三つがあればはがすことが出来ます。

まずはドライヤー。

ご家庭にあるドライヤーならなんでもよいかと思います。シールの糊は熱することではがしやすくなりますので、このドライヤーをシールにあてて熱くするのです!

注意点は、外での作業になるかと思われますので、長めの延長コードも必要になることですね。

続いてプラスチック製のヘラ。

こんな感じのものですね。

僕の場合レザークラフトに使ってるヘラがありましたのでそれを使います。ちなみにこれはボンドを薄く延ばすようのものです。

なお、このヘラ非常に使い勝手がよく、趣味のアクアリウムにおいてはガラス面のコケ落としにも使用しています。お気に入りの一品です。

ちなみにヘラはなくてもなんとかなりますね、おそらく。ただ、あると作業がはかどります。

また、プラ製でなくとも木製とかのものでもいけるかもしれません。

金属製のヘラはやめましょう。

で、最後にこれ、パーツクリーナー。

パーツクリーナーは、タンクに付着したシールの糊の除去に使用します。

パーツクリーナーでなくとも、シールはがしとかで良いかと思います。

ぼくはこのパーツクリーナーを使用しました。

ちなみにこのワコーズのパーツクリーナーは有能です。

タイヤについたチェーンオイルなんかも一発できれいさっぱり消え去ります。

しかも確か、ゴムに付着しても劣化させないようなつくりになってます。

このパーツクリーナー、一つ持っておくと何かと使えると思います!

ということで、準備するものでした!

では、やってみよう!

やっってみよーーおーーお!

はい、というわけでやってみましょう。僕はワニマが好きです。

実は下の動画を観てバイクを購入する決心がつきました。

はい、ではまず初めにドライヤーでシールを熱しましょう。

そして、熱しながらヘラではがしにかかりましょう。

角をヘラでこすると簡単にはがれ始めます。

そして、ある程度はがれたら、指で思い切ってはがします。

はがれました!

でも、ただはがしただけではこのようにシールの糊が残ってしまいます。

そこで、

パーツクリーナーを適当な布にしみこませ、

拭きます!

あとはもう自分が納得するまで吹き上げましょう。

そうです、自分との戦いなのです。

はい、とてもきれいになりました。

いやー、タンクの青がまた美しい!

僕のSRは2019年式のブルーです。

このモデルのタンク、まじかっこいい!

下を向くとそこには青空が広がってるんです。

素敵です。

というわけで、簡単にシールをはがすことが出来ました。

これまでと少し違った表情のSRに出会うことが出来ましたね。

はがして正解だったようです!

もしまだシールがついているタンクのSRに乗っていて、どうしようか?と考えている方の参考になれば幸いです!

そして、今回の作業の様子はyoutubeにもアップしています。

もしよかったら、ご視聴ください!

では最後に、今回使用したパーツクリーナーの購入リンクを紹介して終わりにしたいと思います!